活性剤であること

a0033474_103289.jpg



職場で退職された役員のおじぃちゃまの残していった植木達が萎れかけていた。私には植木の世話をする知識もないし、やり始めるとずっとかまってあげないといけない。以前、盆・正月の休みに託されて困ったことがあった。肩書きのある人や仕事が出来る人は知らん顔をしている。個人的になさっていた事だったから。緑があるのは気持ちが良いし、心に潤いできる。清掃業者の人は上手くサボっていて最初は仕事として世話もしていたのに、いろんな所を手抜きをして早く帰ってしまったり・・。時間で仕事をしていても、責任を持ってやって欲しいと思うが、いらない口出しは立場でないものは言わないように念を押されたので控えている。でも、ずっと前もそうだった・・お年寄りは言えば動く人間をよくわかっているの。税理士のおじぃちゃま先生が私に「お願いがあります。」とそっと小声でおっしゃった。「この植木に水をやって欲しいのです。」。先生にそう言われると大義名分も立つ。そしてやらない訳にはいかない。『誰もしない仕事』・・私にはそれが見える。でもやることで人間性は認められても、仕事の成果とはみなされない。後から入った人に上手く積み重ねてやってきたことを取られてしまう。そんなやりきれなさが、人柄だけでは社会でやっていけるはずがないのだと・・自分の甘さが嫌になる。そんな自分の取り柄といえば・・・やっぱり人が「気持ちが良いね。ありがとう!!」と言ってくれる仕事でしかない。コンピューターだって専門の勉強をした人より出来るはずもなく、人を押しのけてまで仕事をやろうとは思わない。時代遅れと言われようと、生き方が上手くないと言われようと・・結果は自分に戻ってくると信じていなければ・・。厳しい世の中を生き抜くには、自分というものを知ることだと・・お前の得意を売りとしないで何に報酬をもらって生きていくのか?自問自答を繰り返している。そんな時、今朝耳にした言葉。『活性剤』だと私のことを・・・”人が動くこと”は組織にとってとても大切なものだと思うから、もっと自分に自信をもって必要な働き手であることを自覚しよう。自分はただの一社員であるだけなのだけれど。
誰も褒めてくれなくても、植木達は水をもらって・ひと回り大きな鉢に植え替えてもらって・土を補充してもらって・・イキイキとしたように見える。救いの手を待っていたのだろうナ・・自己満足でもよかった!ニッコリ笑顔のわたしに戻れた♪
[PR]
by edayori | 2005-05-19 23:48 | ≪ 絵だより ≫

今日が良い日にな~れ♪ 昨日より 楽しいことが増えますように・・・。


by edayori
プロフィールを見る
画像一覧