関西風のお好み焼きについて

a0033474_1043476.jpg関西の人なら、美味しいお好み焼きの作り方を教えてと頼まれました。そんなに難しいものではないはずなのに厳しい評価がくだされるのが怖い。(^^♪基本は野菜焼き、そのタネが勝負です。

<野菜焼きのタネの作り方>
 材料……小麦粉、出し汁、塩、(柔らかいのが好みの人は)山芋
 基本は小麦粉1 : 出し汁1弱 (卵や山芋・長芋はプラスαものなのです)




<野菜焼きの材料=1人分>
 材料……タネ、キャペツ、たまご1個、紅しょうが少々、天カス(揚げ玉) キャペツは千切り(柔らかいのが好みの人はみじん切り)
 ボールに上記材料を入れかき混ぜる。
 それを熱した鉄板の上にあけ、裏表、よく火が通るまで焼く。
 焼き上がったら、好みのソース、マヨネーズ、カラシなどをタップリと
 最後に粉かつお、青のりを振りかけて食べる。
 
これが基本形でトッピングに好みの具をプラスする。その上に卵を一個割りいれたりもする。(豚肉と卵のお好み焼きは豚玉と呼びます。)葱をものすごく沢山入れて、牛スジと蒟蒻を長時間味をつけて煮たもの(スジコン)を入れるのはコッテリ好みには人気。もち・チーズを入れるのは最近は若者に大うけしている。モダン焼きは焼きそばの上にお好み焼きを乗せて、一体化させたものでボリュームたっぷり。野菜焼きはキャベツが主。お好み焼きは細かく刻んだネギをそれにプラスされて豚・牛・タコ・イカ・エビ・牡蠣などの具を入れたものです。こんな感じでしょうか~?
モダン焼きです。これはフンワリしていますが、もっと押さるかも?↓
a0033474_1135439.jpg

[PR]
by edayori | 2005-07-23 07:04 | ≪ 絵だより ≫

今日が良い日にな~れ♪ 昨日より 楽しいことが増えますように・・・。


by edayori
プロフィールを見る
画像一覧