年賀状の由来

a0033474_2020339.jpg年賀状は年始の挨拶まわりが簡略化されたものです。昔々、平安時代から明治頃まで、元旦から15日までに前の年お世話になった主君や師匠・父母や親戚・ご近所などの家に年始の挨拶にまわる習慣がありました。それが新年の祝いの書状に代わり、そのころは1月2日の書き初めの日にしたためるといったものだったようです。その後明治6年に郵便葉書が発行されたことを機に、はがきで年賀状を送る習慣が急激に広まり、今に至っているということです。最近は個々に携帯電話を持ち、メールや画像を送ることが簡単に行われるようになったのですから習慣は変わっていくのですね。私達の絵手紙の年賀状も、年頭のご挨拶というよりも楽しみごとの一つでもあるわけで日頃ご無沙汰している方にご機嫌お伺いも兼ねています。どうぞ今年もよろしくお付き合いくださいませ。<(_ _)>
[PR]
by edayori | 2009-01-03 17:23 | ≪ 絵だより ≫

今日が良い日にな~れ♪ 昨日より 楽しいことが増えますように・・・。


by edayori
プロフィールを見る
画像一覧