広い視野で道を開く

『キング・アーサー』観てきました。

ローマ帝国の栄華に陰りが見え始めた時代。ローマのために数々の武勲を立ててきたアーサーと円卓の騎士たちは15年間の兵役を終え、それぞれの故郷に帰ろうとしていた。だが教皇の権威を振りかざす司教は、彼らの兵役解除と引き替えに、ブリテンに住むローマ人貴族を救出せよという予定外の任務を命じる。ブリテン地方は、森に潜むゲリラ軍ウォード、新たな侵略者サクソンの三つ巴の戦乱にさらされた危険な地域だった。それでもアーサーと騎士たちは、今度こそ自由を得られると信じて最後の任務へ出発してゆく…。

  ・・・という内容の映画です。先日、『トロイ』を観たばかりだったので、似たようなものではあったけれど、良い映画でした。アーサーはあんな風に人の心が分かり物事が解釈できる人だから、人の上に立つ事が出来たのだと思った。多くの人を守る心・故郷を思う血がブリテンの国を作ったのね。人々が慕い付いていくことが出来るリーダーとは斯くあってほしいものですね。
異民族であってもルーツは同じ、思いがひとつなら心ひとつに共に歩んでいけるのだわ。

少し早いお誕生日にと映画を観てお食事をして家族に祝ってもらいました。
帰って画こうと思った絵手紙は・・・ 今夜は筆を持つゾ!
[PR]
by edayori | 2004-08-02 10:05

今日が良い日にな~れ♪ 昨日より 楽しいことが増えますように・・・。


by edayori
プロフィールを見る
画像一覧