<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

暑さでグッタリ

a0033474_1428115.jpg平安神宮の近く、京都市立動物園へ。とにかく暑くて動物達もグッタリ~。お猿さんもダラ~~・・一番同情したのは、北極くま。プールがあるのに温水になっているのかしら入ろうともしない。柵の中を歩き回っては、私の前で止まっては目を合わせることなくハァハァ息をしながらまた歩き出すのです。温度調整係りの方の話では26度に保っているそうで、今日はまだ風があるから動物もうごいている方ですって。「キューちゃん?!て呼ぶとカンムリ鳥は返事するし、葉っぱを取りにくるんだヨ、こう慣れると可愛いからいつも相手してしまうんだ。」っておっしゃっていました。やはりいつもお世話をなさっている方からお話が聞けるとラッキーです。わたしの手からは葉っぱ食べなかった・・信頼関係がないからでしょうネ。
a0033474_728330.jpg

動物園のHPにアカゲザル物語があります。
イラストがいっぱいあって楽しいです。
  ↑ クリックしてみてね。
[PR]
by edayori | 2005-06-30 07:11 | ≪ 絵だより ≫

空也もなか

a0033474_1611528.jpg『最中』を東京のお土産にいただきました。小ぶりで外の皮がサックリとしていて香ばしく、口の中にくっつきません。(不思議!)東京・銀座で最中だけでビルを建ててはるらしい?予約しておかないと売り切れてしまう?「黒塗りの運転手付の車でそれだけを買いにくる方もいらした。」またまた・・ウフフと笑いましたが納得のいくお味でした。ごちそうさま。(^^)
美味しゅうございましたわ♪
[PR]
by edayori | 2005-06-29 16:03 | ≪ 画   像 ≫

もっと水かけて~~!

a0033474_6493389.jpg
次は足にもかけてね。気持ちよさそう・・
a0033474_5371740.jpg

[PR]
by edayori | 2005-06-29 06:49 | ≪ 画   像 ≫

モロー展へ・・

今日は携帯電話を忘れました。依存症?
なんだか頼りないような・・ 気楽な気分でもあります。

モロー展はよかったですよ。
ショックが大きい・・ので,上手く感想が書けません。
紹介していただいてありがとうございました。
崇高というか、神の世界にどんどん近づいていったような・・
人生は美の探求?芸術の世界を極限まで生きた人ですね。
美術とは造形的手段による内的感情の追求。
わたしはそれほど奇異な人生だとは感じませんでした。
完璧主義だったかもしれないと・・
生き方・人との接し方は人それぞれですし
女性の愛し方も愛され方も。


「私は神しか信じていない。 手に触れるものも

目に見えるものも信じない。 目に見えないもの

ただ感じるものだけを信じている。」

「君達がゆっくりと成功することを願う、君達が

スポイルするような影響を蒙らないように願う」

この方の指導の中からルオー・マティス・マルケがこの道を歩んでいきます。
素晴らしい後世に残る芸術家を育て、この世を去ったのですね。

ただ絵画を鑑賞に行ったというよりも、「芸術とは・・?」考えさせられるようなモロー展でした。わたしには難しかったけれど、良いショックを感じさせてくれました。だからといって、私自身の『絵だより』に変化は見い出せないけれど・・感性で楽しめたことは日々、ものを見たり描いたりするところから磨かれているのかもしれないと嬉しく思います。
[PR]
by edayori | 2005-06-27 14:16

未来には希望が

環境問題や政治経済のことなど・・難しい話を聞くと地球の私たち人類の将来はどうなるのか、必ずしも明るいはずはないと思える。今日、ワクチン療法でがん増殖抑制の話を知った。実用化には5~10年必要らしいけれど、この夏から臨床実験が始まるという。私の父もがんで死んでいる。最期を思い出すとお父さんっこだったので、ほんとうに辛かった。自分も今は良くなったとはいえ、専門の病院に入院したことで人生観が変わった。こんな明るいニュースを聞くと生きてさえいれば、いろんな可能性があるんだ。少なくても諦めないでいることでたとえ自分自身でなくても誰かが救われる・・プロの手によって日々小さな積み重ねで。素人とはどこまでいっても素人。その良さを自分でわかっていないと勘違いしてしまいそうになる。お金を稼ぐことでプロ意識をもつことと、何かの方法によって幾ばくかの収入があるのと違う話。自分自身をわかっていないと落とし穴にはまってしまいそうだナ。

モロー展をみて、ショックを受けた。あれが芸術なんだ。習作を何枚も重ね、最終的に自分の納得のいく作品を作り上げていた。恵まれた環境のもと、才能となによりも本人の弛まない努力の積み重ね・・・同じ絵という言葉を使っていても私の楽しんでいるのはほんとうに落書きだなぁ~つくづくそう思ったことでした。ま、、でもいいじゃない?!あれは別物。わたしはわたしで楽しんで生きていこう♪
[PR]
by edayori | 2005-06-27 11:43

出窓

a0033474_465250.jpg
ある喫茶店の出窓にガラスの花瓶が3つ。花とは言えない観賞用の草が1本ずつさしてある。小さなガラスの入れ物に可憐な花とアイビーがかわいく飾ってあるテーブル。店の雰囲気と行き届いた心遣いが嬉しくて美味しいジュースを飲んだ感想と草花の絵を絵てがみにして置いたきた。店員さんもニコニコ・・♪悪戯心も忘れずにいましょう!!分別臭い大人である必要もないわ。



  ↑このつづきのできごと     
     あの喫茶店で絵てがみ飾ってくださっているらしい。たのしい♪♪ 
     若いスタッフのお店でした、いっぱいオシャベリしなくても
     あの人達とコミュニケーションができたような気分です。(^^)
     
”絵てがみの魔法”だネ☆

    
[PR]
by edayori | 2005-06-27 04:00 | ≪ 画   像 ≫

港の見える丘のある神戸へ

a0033474_3491181.jpg

やっと私の育った神戸にスケッチに行けるようになりました。
無くしたものも大きいけれど、生きるチカラも返ってきました。
わたしの中の”元気”が戻れば、何があってもどうってことないワ。
苦しみ悲しみ・辛いことも、時間は故郷は温かく包んで癒してくれる。
美術館の帰りに三宮から山に向かって坂道を登っていく。
すぐ後ろにそびえる六甲の山と街路樹の「緑」・・そして、海と空の「青」、
異人館の「白」や「ペパーミントグリーン」の壁、「赤い」屋根・・・
「グレー」の石畳にあちこちに伸びていく坂道・・
どこからか流れてくる音楽とスケッチブックとぺンと
絵の具があれば半日は笑って過ごせる♪
そんな小さくて大きな幸せなひとときが持てたことに感謝しよう。

それにしてもあの男の子の大道芸も何とかならないのかしら?毎日練習しているんだろうなぁ、「パフォーマンス」をもじって「アホーマンス」って言ってたっけ。でも、好きなことをしていられるのが嬉しいんだよね。
頑張れるんだよネ、未来を夢見てるのね。
[PR]
by edayori | 2005-06-27 03:31 | ≪ 絵だより ≫

一瞬一生

よいですね~、”郷土に生きた画家”香月泰男ですね。
地味だけど教師だった方らしくて好感をもっています。
シベリアを描いた人とテレビで見たことがあったように思います。
美術館のHPに『ジュニア大賞絵画展』というのがありました。
これもすばらしいと思います。口ベタで生きるのが下手であっても
ご自分の人生をしっかりと見つめながら、生き抜いた方だったのでしょう。
62歳で亡くなられている、早すぎますね。
お勉強家らしいエーチャン、だんだん小池先生に似てきてる?
[PR]
by edayori | 2005-06-26 06:52

友、遠方より来る

a0033474_1127281.jpg昨夜はデジ亀さんが四国・丸亀より大阪に来られていたので、お目にかかりました。「何か書いて頂戴。」って紙を渡すと『字便り』を書いてくださいました。筆置き兼文鎮の陶器のふくろう(先日倉敷で求められたものらしい)はノッコがペンでヒョロヒョロとした線で書きかけたら、「こう描くんだよ。」って・・。帰りの時間が迫っているのに、鞄から絵の具を取り出して急いでチョンチョンと色も塗ってくれました。薔薇のハガキは昨日、届いた東京のTOMOさんの『写てがみ』です。絵手紙仲間は花が好き、空や海や自然が好き♪出会いはネットからです。心の窓から外に飛び出したから、こうして一緒に遊ぶことができました。
a0033474_13432729.jpgこれはTOMOさんに去年のオフ会で水性クレヨンの楽しい遊び方を教えてもたった時の1枚です。個々の生活や考え方やらいろいろあっても良い刺激を分かち合える、そんな仲間に出会えたことに感謝です。

心はいつだって、自由に空を飛んでいきます。(^^♪

a0033474_7295439.jpg
[PR]
by edayori | 2005-06-25 10:53 | ≪ 画   像 ≫

楽しみなこと


もうすぐ7月、今年も半分過ぎようとしています。楽しみなこと、いろいろあるけれど7月25日の『天神祭り』に船に乗せていただけることになりました。!(^^)!わたしの心のどこかで大阪を客観視してきました。今年はその懐の中に飛び込むような気持ち。暑い盛りの盛大な『天神祭り』はこの町の底力を見せつけられる思いがします。いつも岸から眺めていた船渡御。花火をバックにチンチキチンチキ、太鼓に鐘に踊りで盛り上がります。威勢が良いスッパリとした一本締めは好きです。浴衣どうしようかなぁ・・どれも地味。着物ブームとあって、最近はいろいろ華やかなものが出回っているようです。とにかく”天神さん”楽しみです。


a0033474_473236.jpg7月のNHK教育TV『趣味悠々』7月4日『続・鶴太郎流墨彩画塾~風景を描く~』放送。7月7日七夕さまには、もぐら庵さんの『おしゃれ工房』池田さんのテレビ出演、”夏は和風がここちいい「遊び印で書中見舞い」”。自分の持ち味をちゃんとお持ちで揺るぎのないところはさすがです。職人気質なのに商才もおありになる人間味溢れる素敵な方です。遊び心をくすぐらせるもぐらさんちのカッパとカエルをノッコ風に描くとこんな感じ~。気軽に物作りをたのしむことを教えてくださいます。いつまでもお若くて、年齢不詳ね?!7月4・5日の『きょうの料理』は大好きな栗原はるみさんの「世界に広がる我が家の味」夏の香り寿司とわたしのごまごまメニューもワクワク♪
[PR]
by edayori | 2005-06-22 23:40 | ≪ 絵だより ≫

今日が良い日にな~れ♪ 昨日より 楽しいことが増えますように・・・。


by edayori
プロフィールを見る
画像一覧